スタッフブログ

口腔外接着再植法(コンビネーション法)13

院長の大倉です。

今回は、歯根破折と根尖性歯周炎を併発した方の治療です。

症状はさほど無いのですが、既に歯根破折を起こしており、疲れると歯肉が腫れ炎症を起こします。

  矢印のところで歯根破折を起こしていますの。

 

被せ物を外した状態です。

破折線が歯の中に入り込んでいます。

  

 今回は、口腔外接着再植法と口腔外歯根端切除逆根充法のコンビネーション法で治療しました。
まず、歯を抜歯して汚染物を除去し炎症性肉芽組織を取り除きます。

二本の歯根のうち一本が縦に破折して分割されました。  

接着材と補強材にて元の歯の形に戻します。

  

接着材にて破折線が封鎖されています。

  
さらに、歯根端切除と逆根充を行いました。

 
口腔内の元の位置に戻して再植しました。

   
手前の歯と固定して治癒待ちます。

 

固定は約1カ月後に外して、被せ物を作ります。

術後は、治療前にあった歯肉の腫れもなく噛む事が可能になりました。



私がご案内致します

24時間インターネット予約

TEL03-5760-7110

2015年11月
« 10月   12月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
  • 症例のご紹介
  • 採用情報
  • 医療法人社団おおくら歯科口腔外科 口腔外科専門サイト
  • WEB予約
  • 医療法人社団おおくら歯科口腔外科〒158-0082 東京都世田谷区等々力 5-9-2
  • ご予約お問い合わせ TEL03-5760-7110
  • アクセス
  • WEB予約
  • WEB予約