スタッフブログ

垂直歯根破折・口腔外接着再植法18

院長の大倉です。

今回は、上顎小臼歯の歯根破折のケースです。

昨年から食事の際に違和感を感じ、最近では食事の際に痛むため、反対側でしか噛むことが出来ない状態です。

口腔内写真です。

右から二番目の歯が歯根破折と根尖性歯周炎を起こしております。


レントゲン写真です。

中央の歯に太い金属コアとメタルボンドセラミッククラウンが装着されております。

根は、上顎洞に突出し洞粘膜の炎症所見である影を認めます。

今回、口腔外接着再植法により問題点を解決します。

まず、抜歯を行います。

被せ物とコアが外れました。

さらに、歯根は三分割され抜歯されました。

汚染が進み、歯根周囲に炎症性肉芽が付着していました。

まず、専用の器械で除染します。

歯根膜を傷害しないように汚染部分のみを丁寧に処置し本来の歯の状態に戻します。

元の歯の状態に戻るか、一度接着の前に歯の形にします。
特に三分割されているので、再現性は重要です。

ファイバーポストを1本使用して接着剤にて歯根を元の状態に再現しました。

抜歯されたところを十分に掻爬した後に接着した歯根を元の位置に戻します。

再植です。

縫合糸にて歯根を固定します。

2ヶ月後、支台を調整し仮の歯を入れて様子を診て行きます。

術後、約3ヶ月を過ぎると噛めるようになってきます。

最後に今回はオールセラミッククラウンを被せました。

術直後のレントゲン写真です。

術後2ヶ月のレントゲン写真です。
歯根周囲に骨の再生が認められます。
上顎洞の炎症も消退してきております。

術6ヶ月のレントゲン写真です。
さらに歯根周囲に骨の再生が認められます。

歯根膜腔もはっきりわかります。

上顎洞の炎症は認められなくなりました。


このように、まだ短期的な経過観察ですが、本来の歯の形態と機能を取り戻すことが出来ました。

これからさらに長期的に観察を続けます。



8月の診療日程

8月7日(日)矯正診療

8月10日(水)午後休診

8月24日(水)午後矯正診療

その他日曜日、祝日休診となります。



私がご案内致します

24時間インターネット予約

TEL03-5760-7110

院長がお答えします

無料相談フォーム

  • 患者様からの口コミ
  • 症例のご紹介
  • 院長インタビュー
  • 採用情報
  • 医療法人社団おおくら歯科口腔外科 口腔外科専門サイト
  • 医療法人社団おおくら歯科口腔外科 インプラント専門サイト
  • 医療法人社団おおくら歯科口腔外科〒158-0082 東京都世田谷区等々力 5-9-2
  • ご予約お問い合わせ TEL03-5760-7110
  • 24時間インターネット予約
  • アクセス