スタッフブログ

小臼歯 垂直歯根破折(VRF:Vertical Root Fracture)・口腔外接着再植法19

院長の大倉です。

今回は、下顎の小臼歯の垂直歯根破折に対して、口腔外接着再植法を行い術後約8ヶ月経過観察しているケースです。

術前の状態です。

頬側歯肉に軽度の腫脹と咬合痛があります。

レントゲン写真です。

歯根周囲に骨吸収像を認めます。

深い歯周ポケットの形成もあり、垂直歯根破折(VRF:Vertical Root Fracture)と診断されました。

垂直歯根破折(VRF:Vertical Root Fracture)と診断された歯に対する治療法として、当院では「口腔外接着再植法」を適応することで、多くの歯根破折を保存することが出来ております。

今回も「口腔外接着再植法」を適応し行いました。

まず、抜歯を行います。

抜歯窩の炎症性肉芽組織を掻爬します。

抜歯された歯です。根の先から中央にかけて破折線が認められます。

破折線に沿って開きます。

内部はかなり汚染されています。

汚染物質を除去しました。

接着剤にて歯をもとの形に接着修復しました。


そして、元の場所に再植しました。

  
さらに、前後の歯と固定しました。。

術直後のレントゲン写真です。

術後約4ヶ月のレントゲン写真です。

まだ、少し歯根周囲に黒い像が認められます。

術後、4ヶ月を過ぎると違和感なく自然に噛むことが出来ます。

術後約8ヶ月のレントゲン写真です。

ほぼ、歯根周囲の黒い像は消失し骨の再生が認められます。

この様に、抜歯と判断されることの多い垂直歯根の歯を「口腔外接着再植法」を適応すことで抜歯を回避し保存することができます。

さらに、長期に渡り経過観察を行います。



私がご案内致します

24時間インターネット予約

TEL03-5760-7110

院長がお答えします

無料相談フォーム

  • 患者様からの口コミ
  • 症例のご紹介
  • 院長インタビュー
  • 採用情報
  • 医療法人社団おおくら歯科口腔外科 口腔外科専門サイト
  • 医療法人社団おおくら歯科口腔外科 インプラント専門サイト
  • 医療法人社団おおくら歯科口腔外科〒158-0082 東京都世田谷区等々力 5-9-2
  • ご予約お問い合わせ TEL03-5760-7110
  • 24時間インターネット予約
  • アクセス