スタッフブログ

歯根破折・口腔外接着再植法27

院長の大倉です。

今回は、ブリッジの支台歯が歯根破折を生じてしまったケースです。

ブリッジの支台歯の歯根破折は臨床でよくみれます。

一般的に歯根破折歯は抜歯されることが殆どです。

ブリッジの支台歯が抜歯されると歯の欠損が増えるため、再びブリッジによる治療が困難な事が多く、義歯あるいはインプラントによる治療となります。

症例です。

左上4のブリッジの支台歯が歯根破折を生じています。

レントゲン写真から歯根周囲に骨透過像が認められます。

ブリッジを外すと残痕状態でした。

抜歯を行うと歯根破折を認められました。

洗浄し、不良肉芽組織を取り除きました。

接着しブリッジに固定しました。

口腔内に戻し固定しました。

半年後の状態です。

歯肉の炎症は消退し、歯もしっかりしました。

術直後のレントゲン写真です。

半年後のレントゲン写真です。

骨が再生しています。

 現在、咀嚼に関しては問題なく、歯肉の違和感もなく、快適に過ごしています。

このように、ブリッジの再生に一時的に寄与出来ました。

長期的な予後は慎重に観察が必要です。



ホワイトデー

 先日のバレンタインデーに、スタッフの皆様から素敵なチョコをいただきました。辞書みたいの箱に、今まで見たことのない模様入りのチョコ8粒が入っていて、甘くてとても美味しかったです。


  昨日診療後、義理チョコお返しに、閉店間際の西武デパートに駆け込みました。どこのお店も男性客ばかり長蛇の列が出来ています。感謝の気持ちを込めて、チョコを買いました。今朝早速お手渡しして、皆様に喜ばれまして大変嬉しかったです。



私がご案内致します

24時間インターネット予約

TEL03-5760-7110

  • 症例のご紹介
  • 院長インタビュー
  • 採用情報
  • 医療法人社団おおくら歯科口腔外科 口腔外科専門サイト
  • 医療法人社団おおくら歯科口腔外科 インプラント専門サイト
  • WEB予約
  • 医療法人社団おおくら歯科口腔外科〒158-0082 東京都世田谷区等々力 5-9-2
  • ご予約お問い合わせ TEL03-5760-7110
  • アクセス
  • WEB予約
  • WEB予約