スタッフブログ

抜かない治療・意図的再植6

院長の大倉です。

今回は、84歳の方です。

ブリッジの支台歯がトラブルとなり、このままでは抜歯して取り外しの義歯となるケースですが、患者さんのご希望があり、歯を抜かないで残して問題を解決する方法を検討しました。

右上の5番目の歯の歯肉が腫れています。


術前のレントゲン検査から歯根の側面に穴が開いていてそこが感染源となって炎症を生じていました。

レントゲン写真から5番の歯の後の骨が吸収しているのが分かります。

今回は原因の精査と歯を極力残すために「意図的再植法」を選択しました。

ブリッジを外しました。

5番の歯を一度抜歯します。

歯根の側面に大きな穴が開いていて、汚れています。

超音波にて原因物の除去を行います。

洗浄後乾燥し、スーパーボンドにて穴の閉鎖を行いました。

再植して仮歯のブリッジで固定しました。

術直後のレントゲン写真です。

再植状態を確認しました。

術後4ヶ月目のレントゲン写真です。

骨の再生が一部に見られ、歯の動揺もな句なり、再度ブリッジを入れました。
このように80歳を過ぎても、骨の再生が見られ、再度ブリッジを入れて食事が出来る様になり、QOLを維持する結果となりました。

さらに今後は、口腔ケアを通じて炎症の再発を防いで行くことが大切です。



私がご案内致します

24時間インターネット予約

TEL03-5760-7110

  • 症例のご紹介
  • 院長インタビュー
  • 採用情報
  • 医療法人社団おおくら歯科口腔外科 口腔外科専門サイト
  • 医療法人社団おおくら歯科口腔外科 インプラント専門サイト
  • 医療法人社団おおくら歯科口腔外科〒158-0082 東京都世田谷区等々力 5-9-2
  • ご予約お問い合わせ TEL03-5760-7110
  • アクセス