スタッフブログ

抜歯しない治療法 エクストルージョン

勤務医の袁です。

今回は、残根状態の歯(C4)に対して、矯正的挺出を施し、保存に成功した症例についてご紹介します。

40代女性患者、初診時デンタルエックス線写真、口腔内写真、及び土台ごと取れた差し歯の写真です。残存歯質が歯肉のライン以下になったため、一般的には抜歯してインプラント治療を勧められることが多いようです。当院では、エクストルージョン治療を施し、生物学的幅径を回復し、フェルール効果を獲得することで、抜歯になるような歯も数少なく残せています。

矯正装置を設置し、挺出中の口腔内写真です。

挺出終了時のデンタルエックス線写真、及び歯周外科処置後の口腔内写真です。

弾性係数が歯に近いと言われているファイバーコア(土台)を付けた後の口腔内写真(表と裏)です。

オールセラミッククラウン(被せ物)を付けて半年後の写真です。見た目だけでなく、機能的にもまったく問題なく、患者様は非常に喜んでいます。今後も定期的なメンテナンスを通じて経過観察を行っていく予定です。



私がご案内致します

24時間インターネット予約

TEL03-5760-7110

院長がお答えします

無料相談フォーム

  • 患者様からの口コミ
  • 症例のご紹介
  • 院長インタビュー
  • 採用情報
  • 医療法人社団おおくら歯科口腔外科 口腔外科専門サイト
  • 医療法人社団おおくら歯科口腔外科 インプラント専門サイト
  • 医療法人社団おおくら歯科口腔外科〒158-0082 東京都世田谷区等々力 5-9-2
  • ご予約お問い合わせ TEL03-5760-7110
  • 24時間インターネット予約
  • アクセス