スタッフブログ

抜かない治療 歯根破折 (VRF:Vertical Root Fracture)・口腔外接着再植法36

院長の大倉です。

今回も第2小臼歯の歯根破折のケースです。

左下第2小臼歯が半年前から違和感があり、前医にて歯根破折のため抜歯が必要と言われていました。

なんとか自分の歯を残したいと希望され来院されました。

レントゲン写真です。

垂直歯根破折を認めます。さらに歯根破折に沿って骨透過像を認めます。

今回も「口腔外接着再植法」にて歯を保存することになりました。

抜歯して歯根の状態を観察します。

垂直性歯根破折を認め、破折面は細菌により汚染されていました。

超音波にて洗浄します。

補綴物は再利用せず、新製することになりました。

破折片を元に戻して、ファイバーポストを利用してスーパーボンドにて接着します。

抜歯窩の炎症性肉芽組織を除去し、接着された歯根を元の位置に戻します。(再植)

隣の歯に固定します。

術後のレントゲン写真です。

術後約2ヶ月のレントゲン写真です。

歯根周囲の骨に再生が見られます。

さらに術後4ヶ月のレントゲン写真です。

初診時に見られた骨透過像は、縮小し骨再生を認めます。

最終補綴物を装着しました。

咬合時の違和感や鈍痛は認められず、咀嚼時も自然に噛めるとのことです。

このように、破折の程度が酷くても、歯根膜の状態や汚染された組織の除去により、骨の再生が始まり、すなわち再生の条件が整えられることで再び歯を機能させることが出来ました。

今後、長期的な予後を観察して行きます。



2018 START!!

1/17 毎年恒例の方針説明MTGと新年会を行いました。部門別に一年の目標設定をし、より良い診療と患者様のサポートに邁進していきたいと思います(^-^)



抜かない治療 歯根破折 (VRF:Vertical Root Fracture)・口腔外接着再植法35

院長の大倉です。

今年も宜しくお願いします。

今回は、第2小臼歯の歯根破折のお話です。

第2小臼歯の歯根破折のケースは、当院の破折治療の中で一番多く行われております。

それだけ、第2小臼歯の歯根破折の頻度が高いことを意味します。

第2小臼歯は咀嚼の中心に位置する歯のため、様々な硬さの食物を粉砕する役目を果たすことで、時に歯自体が欠けたり割れたり(亀裂や破折)することがあります。

右下第2小臼歯のケースです。

根管治療を行っても症状が消えない状態が続いていました。

レントゲン写真から根尖以外に側方にも透過像を認めます。

歯根破折の可能性が高いと判断し「口腔外接着再植法」を適応しました。

抜歯して口腔外にて歯根を観察しました。

歯根中央部に破折線を認めます。

炎症性肉芽組織の付着があり慢性炎症が続いていたことが分かります。

肉芽組織を除去し破折線を削り汚染されていた歯質も除去します。

破折線にスーパーボンドを流し込みます。

反対側の歯根面にも顕微鏡にて亀裂を認め同様に接着します。

根尖も閉鎖し、再植します。

術前術後のレントゲン写真を連続します。

6ヶ月経過したレントゲン写真から術前に見られた骨透過像も消失し症状も消えました。

治療前は、ロングブリッジが入っていたため歯根に無理な力がかかり歯根破折・亀裂が生じたと考えます。

根管治療だけでは解決出来ない問題を「口腔外接着再植法」にて解決し歯を保存することが可能となりました。



私がご案内致します

24時間インターネット予約

TEL03-5760-7110

  • 症例のご紹介
  • 院長インタビュー
  • 採用情報
  • 医療法人社団おおくら歯科口腔外科 口腔外科専門サイト
  • 医療法人社団おおくら歯科口腔外科 インプラント専門サイト
  • 医療法人社団おおくら歯科口腔外科〒158-0082 東京都世田谷区等々力 5-9-2
  • ご予約お問い合わせ TEL03-5760-7110
  • アクセス